タハラ博士の「帰ってきた添削道場」 -志望動機編


ダメならイチから書き直せ!?

タハラ博士じゃ。自己PR編から読んだ人も多いんじゃないかの?でもわしのおすすめは志望動機から考えることだったんじゃ。だって「自己PR」が自身の「過去」からネタを拾うのに対し、「志望動機」は夢・希望といった「これから」を描くよな。変えられない過去よりも、「これから」を書くほうがラクじゃろ?えっ、もう志望動機を作ったと?どれ、まず目を通しててみようか。

Q 当社を志望する動機を200字程度で教えてください。

 

 

私が御社を希望するのは、「持続可能な社会への貢献」という御社の理念に強く共鳴したからです。なぜならこの理念は、これからの社会を支えるキーワードになると私は思ったからです。また説明会に出席したとき、御社の魅力をイキイキと語る若手社員の方の熱意にもひかれました。社員を成長させてくれるのは、このような企業だと強く感じました。私も入社後、持続可能な社会の実現に向けて、御社とともに成長していきたいと思います。200字)

 


 

一見、この文章はしっかりと志望動機を述べているように見える。じゃがわし的に言うと、「持続可能な社会」と「成長」と、この2つのワードで文字数を埋めとるに過ぎん。下欄で繰り返し分を青(=持続可能な社会)緑(=成長)に色分けして線を引いてみようかのう。

 

 チェック 1

 

 

私が御社を希望するのは、「持続可能な社会への貢献」という御社の理念に強く共鳴したからです。なぜならこの理念は、これからの社会を支えるキーワードになる私は思ったからです。また説明会に出席したとき、御社の魅力をイキイキと語る若手社員の方の熱意にもひかれました。社員を成長させてくれるのは、このような企業だと強く感じました私も入社後、持続可能な社会の実現に向けて、御社とともに成長していきたい思います

 


 

全体をざっと眺めると、緑、つまり会社の理念、そして「成長する(させる)」の連呼が文の大半を占めることがよくわかるじゃろ。おっと、取り消し線(ー)は「私」と「思います」じゃ。2つとも、エントリーシートではつい使いすぎる要注意語だからの!

 

ここから手直しじゃが…なんじゃと?ダメ出し受けたからとりあえず全部削除とな?そういう「1」か「0」かのデジタル的思考だと、こうしたアナログ的文章を仕上げることはおぼつかんぞ。これを考える題材として活かさんとな。じゃあ、ちょっとここで休憩して頭を冷やすかのう。


相手が知りたいことにまともに答えているか

「1日何回食事をしますか?」という質問に「朝・昼・晩です」ではちょっとズレておるのはわかるじゃろう(3回、と答えるべきじゃ)。こんなやり取りを繰り返していると、お互いの理解が噛み合わんようになってくる。相手のストライクゾーンに的確にボールを投げ返す、これができとる学生さんは案外少ないんじゃ。

 

 チェック1 修正版 (取り消し線部分を削除)

 

 

私が御社を希望するのは、「持続可能な社会への貢献」という御社の理念に強く共鳴したからです。なぜならこの理念は、これからの社会を支えるキーワードになるからです。また説明会に出席したとき、御社の魅力をイキイキと語る若手社員の方の熱意にもひかれました。社員を成長させてくれるのは、このような企業だと強く感じました。入社後、持続可能な社会の実現に向けて、御社とともに成長していきたいです。(189字)

 

 

志望理由を整理して下に書きだそうか。

 

1.「持続可能な社会への貢献」という理念に共感したから

2.イキイキと語る若手職員の熱意にひかれたから 

 

…本当に、そう思っとるか?

 

まず1でいえば、「持続可能な社会」うんぬんは、ほとんどといっていほど各社パンフレット・HPで使われておるキャッチフレーズじゃ。とすれば、これをオウム返しに使った志望理由は、ほぼすべての企業に当てはまることになりかねん。つまり、どこの会社でもいいということかな?

 

2「熱意にひかれた」も同じ。これは学生さんの常套句、いわば′おあいそ’で「この企業ならでは」という理由にはなり得んじゃろう。ということは、この2つは、どの業界の、どの企業にも通用する志望理由というわけじゃよ。反対の、採用の立場になってみるがええ。そんなエントリーシートを読んで、熱意や誠意を感じるかの?

 

「当社を志望する動機を教えてください」と言われているからには、「なぜ当社なのか」をハッキリさせねばならん。つまり、どこでも通用する志望理由は、どこにも通用せんということじゃ。そのエントリーシートを落としたとき、拾って読んだ人がどこの企業に向けて書いたかわかるぐらい具体的でないと。

 

そういう意味では、1を志望動機として前面に押し出すのは難しい。また、2が本当の志望動機になっておるのなら、何を語ったとき相手がイキイキしていたのか、特にどの部分に自分は共感したのかまで踏み込んで書かんといかん。

 

しかも2「雰囲気に共感」というあいまいな理由だけでは一生を託すかもしれん会社へのアプローチの文句として弱すぎる。相手が聞きたいことの柱はこんなとこにはない。おっと、長くなったの、またの機会に。

 


博士からのお知らせ

 

「いかんいかん、全然続きが書けんようになってしもうた。年を取るとついついおっくうになっての。悪いが続きは『ブログ・とはずがたり』で見てくれんかの?できるだけ早くこのコーナーでまとめ直すつもりじゃが、とりあえずあっちで間に合わせてほしい。じゃあ近いうちに、ひとまずさらばじゃ」