代表あいさつ -仕事に「楽」を


「L.C.研究所って何をしている事業所なんですか?」ほど、答えに窮する質問はありません。データ分析、論文添削、社史編集、文書作成のお手伝い、組織開発、研修は文書の書き方から統計まで。L.C.研究所(ことばとコミュニケーション研究所=Language & Communication Laboratory)という名のとおり、言葉のよろずや、といった感があります。

 

一方で「なんでL.C.研究所をやっているんですか?」に対しては、即答できます。「言語技術を使ってみなさんに『楽』してもらいたいからですよ」。言葉が磨かれることで組織内での情報伝達が効率化、楽になります。顧客に対しても、心に届くメッセージを発すれば成果にダイレクトに結びつくのです(広告はその典型例ですね)。これが仕事の楽しさにつながります。

 

みなさん、1日の1/3は仕事の時間です。言葉をうまく操る技術を身に付けて、仕事時間を楽に楽しく過ごそうではありませんか。 

 

  

L..C.研究所 代表 田原圭子


■代表プロフィール

組織コミュニケーション・情報リテラシーを高めるためのコンサルティングを柱に、講師(ロジカルライティング、統計)、出版・編集などを手がける、自称「書き言葉のマイスター」

〈経歴〉

神戸市出身。大阪外大ロシア語学科→大同生命保険(広報、企画、コンサルティング) →現職  2010年、関西学院大大学院 言語文化コミュニケーション学科修了

〈資格〉

語学・統計関連各種

〈編著書〉