How to write エントリーシート(準備編)2

いきなりエントリーシートを書きはじめる人がときどきいますが、それは無理というもの。

ではなぜ書けないのか。書くための必要十分条件をおさらいします。

 

● エントリーシート「はじめの一歩」に苦しむのは?

 

シューカツ生であれ一人前の社会人であれ、「文章が書けない」と頭を抱えるとき、たいがいは2つの原因があります。それは「コンテンツ(何を書くか)」と「表現力(どう書くか)」の問題です。

エントリーシートには「相手の質問内容には自己PR(過去軸)と志望動機(将来軸)の2種類がある」とありましたね。うち、自己PRが書けない状態を例にとります。

 

下図「自己PRが書けない」から上下2択で、なら右方向に進みに行きあたればストップ。1~4どのタイプになりましたか?

 

 

● 自分が書けない理由を見きわめる

 

1「どう書くべきかわかっている」になった人 →さっさと書きなさい。

 

2「どう書けばよいかわからない」→単に、表現(文章)力の問題。とりあえず手を動かして形にすることが先決。そして、大学のキャリアセンターなど、信用する大人に読んでもらい、自分の意図したこととずれていないか確認する。もちろん当研究所でもチェック可能

 

3「受けるネタかどうか、自信がない」→コンテンツ未定が原因。下の「そもそも、企業担当者は何を見ているのか」を読むこと。コンテンツ=PRポイントを見つけ、さらにそれを適切に表現することでエントリーシート、そして面接をクリアすることができる。ちなみに、4割以上のシューカツ生はここで引っかかっている。

 

4「ネタが全く見当たらない学生生活を送ってしまった」→コンテンツ不明が原因。とりあえず下の「そもそも、企業担当者は何を見ているのか」を読む。それでもピンとこないなら、最大限の文章力を駆使(ねつ造も辞さず)」「今からコンテンツ作りを模索」「開き直って何もしない」の3択から選ぶことを考える。

 

 

● そもそも、企業担当者は何を見ているのか

 

ここで疑問が出てきませんか?「企業(社会人)にウケるコンテンツってどんなの?

 

その前に、人事担当者が何を基準に採用するのか考えてみます。これは企業や職種によってかなり異なります。「その分野でただちに活かせる専門分野があるか」からみていく場合も多いでしょう。該当する方は大学の企業説明会から始めるのが時間とエネルギーの節約です。

ただ、一般人(専門知識に自信ナシ:特に文系学生)のスタートラインとしてはこの人は社会人として通用しそうかどうか、ではないでしょうか。要素として次のものを挙げておきます。

 

・ある目標に向かってがんばれるタイプか(価値観と達成意欲)

・周囲とうまくやっていけそうか(ある程度の協調性)

・精神的・肉体的にタフさがあるか(気力とそこそこの体力)

 +社会的な常識があるか(健全な倫理観と最低限のマナー)

 

これらを「ウケるコンテンツ」という観点から考えると、いろんなアプローチが可能だということに気付くんじゃないでしょうか。大切なのは上の基準にのっとったうえで、その人らしさが表れているか、ということだと思います。

 

ちなみに、自己PRや志望動機を書く前に、自分のやったこと、やりたいことについて棚卸しをする作業を自己分析と呼びます。自己分析はエントリーシートを書く上で必要です。でも、結構面倒くさくて時間がかかります。

特に自己PRを書くときには、「何にも取り柄がない!」と自己嫌悪に陥る学生さんも多く、時には泣きだしたりする人もいます。精神衛生上からみれば、志望動機から先に分析するのも一手かもしれません。

 

実際の自己分析の方法とは?次の自己分析編「How to Write エントリーシート3」で紹介します。ぜひ下のフォームで閲覧を申し込んでください。サイトを見るためのパスワードが、すぐに表示されます(もちろん無料)。

 

そこでは自己分析のためのシート「自己取材メモ」もダウンロードできますよ。

 

自己分析編「How to Write エントリーシート3-1、3-2」へ

お名前(ハンドルネームでもちろんOK)とメールアドレスを記入し、メッセージに「閲覧希望」と書いてください。すぐに閲覧のためのパスワードが下に表示されます。質問があればメッセージ欄にどうぞ。 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

*いただいたお名前、メールアドレスを第三者に通知することはありません。当研究所のイベント案内などの利用に限られますのでご安心ください。

 

‘cool head & warm heart ’で

 L.C.研究所がヘルプ!

ブログ(火曜更新)

コラム執筆中

     

 

旧blog(外部Link)→2011年ー12年まで

 

 

当ホームページの全ての文章や写真、イラスト、ファイル等の無断転載・引用を禁じます。

Copyright © 2002  L.C.Lab  All Rights Reserved.