「が」「は」の違い

日本語の奥深さを上から目線でお伝えする、「知ったかぶりの言語学講座」。

 

第1回目は、一字違いでエライ違い、がテーマである。題材は、ちょっと旬を過ぎた例の国外脱出騒ぎ。といっても「ビーン」か「〇ーン」かという固有名詞ではない。あくまでも語と語をつなぐ「助詞」に着目する。

 

さて、クイズを出してみたい。

 

中身不明の楽器ケースに貼るステッカー用に、キャッチコピーを考えるとしよう。×に入る言葉としては、「が」「は」、どちらが自然だろうか。

 

(1)ビーン「×」入っています。

 

この場合「が」が適当だ。「は」、だと「ビーン以外に何かメインが入っていることを期待したでしょ、あなた」というニュアンスが出てしまう。

 

翻って、これはどうだろう。

 

(2)ビーン「×」入っていません。

 

ちょっと悩んだ方もいるかもしれないが、「は」ではないだろうか。

 

この場合の「が」「は」の決定的な差は何か。

 

実は、聞き手に新情報を提供する場合は、「が」を使うことが原則である。昔ばなしが「昔々、おじいさんとおばあさんが」と必ず「が」ではじまるのと同じリクツだ。

 

ではなぜ(2)は、「は」の方がなじむのか。「ビーンは入っていない」は、新情報ではないのか? 確かに、そうかもしれない。

 

楽器ケースには必ず何か(普通は楽器)入っていることが前提になっているので「(ちゃんと楽器が入っています。)しかしビーンは入っていません」の前半のカッコの文が略されているというわけだ。つまり、聞き手が前提という情報を持つから、新情報ではない、というリクツか(自信がないが)。

 

もうひとつは、新情報云々(うんぬん)とは別に、文が動詞の否定形で終わっているからである。形容詞(楽しい、悲しいなど)や名詞(男性だ、レバノン人だ)、また動詞の否定形など「状態」を表す場合は、通常「は」を使う。

 

これを一瞬にして使い分ける日本語ネイティブってすごい。英米語、仏語、アラビア語、を自在に操る〇ーン氏が、在日約20年間、公式の場ではちっとも日本語を使わなかったのも、無理はない。

 

 

‘cool head & warm heart ’で

 L.C.研究所がヘルプ!

ブログ(火曜更新)

コラム執筆中

     

 

旧blog(外部Link)→2011年ー12年まで

 

 

当ホームページの全ての文章や写真、イラスト、ファイル等の無断転載・引用を禁じます。

Copyright © 2002  L.C.Lab  All Rights Reserved.