右脳人間、左脳人間

研修の仕事の多くが、コロナ氏のせいで延期になっている。

ただし書き物関係の仕事はなくならない。話し言葉系、書き言葉系の両方の仕事をしているリスクヘッジがここで効いている。ありがたいことだ。

 

さて、現在閑古鳥中の講師業は、ビジネス文章作成関係が中心である。ただ最近ちょっとカラーの違った依頼が来るようになった。情報リテラシー、統計学の入り口を扱う分野である(一応資格を持っているので)。

 

というと、「うわぁ、右脳も左脳もすごいですね」とホメてもらえることがある。文理両道という意味なのだろう。でも統計は、論理(一応、専門)を拡張したものだ。それに文字と数字は、概念を抽象化・記号化したものだから、 根っこは一緒なのだと勝手に思っている。

 

そして、そもそも右脳=理数系、左脳=文系というステレオタイプは、大いなる誤解。疑似科学の典型らしい。

 

以前から、右腕と左腕とは違い、脳の右左はしっかりとつながっているんだからバラバラには動かんよな、と思っていたら、Despite what you've been told, you aren't 'left-brained' or 'right-brainedに動かぬ証左があった。2013年の古い記事だが、掲載はかの英ガーディアン紙だ。そこが右脳左脳を「都市伝説」と否定しているのだから、サ〇スポや週刊△性よりは信用度は高いだろう。

 

注意すべきはむしろ、個人個人の認知の偏りや自己の防衛本能(プライド)である。それらが、自分のワクを自分にはめ込んだり、やらない理由を探したりする際に、「右脳左脳」を言い訳にするのだ。記事はこうまとめている。

 

"Let's not underestimate our potential by allowing a simplistic myth to obscure the complexity of how our brains really work.’’(単純化された神話が脳の働き方の複雑さを曖昧にすることで、私たちの可能性を過小評価しないようにしましょう。)

 

ちなみに上訳は、最近とみに評価の高いDeepL翻訳であるが…現段階では生硬く、まだまだ人間様の活躍余地はありそうだ。みなさん、自分の脳みそにもっと自信を持とうよ。 

 

*参考記事 

Despite what you've been told, you aren't 'left-brained' or 'right-brained' (右脳、左脳神話のウソ)

Amy Novotney 'The Guardian' 16 Nov 2013

 

 

‘cool head & warm heart ’で

 L.C.研究所がヘルプ!

ブログ(火曜更新)

コラム執筆中

     

 

旧blog(外部Link)→2011年ー12年まで

 

 

当ホームページの全ての文章や写真、イラスト、ファイル等の無断転載・引用を禁じます。

Copyright © 2002  L.C.Lab  All Rights Reserved.